最近のトラックバック

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年8月

TV東京番組WBS2017年8月18日「【THE行列】ギネス記録の桃」vs「福島県産の桃」

表題の、TV東京の番組で紹介された「大阪府岸和田市包近(ともちか)のマルイファームの松本隆弘さん」が作る桃は、糖度がb津群に高く甘く、ギネス記録を打ち立てた。番組では、そのギネス記録を上回る糖度の桃が紹介された。近所の販売所「道の駅 愛彩の国」では、その桃目当てにお客の行列が…。すごい!買いたい!食べたい!amazonでも売ってない!

ここ→http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/gyouretsu/post_138778/

2週間前、私は最寄りスーパーで山梨県産の桃一箱を買って帰った。うまかった。昨日、妻が、福島県産の桃一箱買ってきた。堅くて子供達からもクレームが出た。放射能問題の前に、福島の農家の方も頑張っているとは思うが、前出の岸和田の桃も買って研究するなりして、売れる桃作りしないとダメだと思う。堅さ・香り・味、基本的なことをもう一度反省すべきかと思う。岸和田レベル以上の桃が福島で作れたら、ヒット間違いなし!

NHK番組2017年8月19日(土)「経済フロントライン 夏休みSP・生討論!「日本発イノベーション、何が必要か?」」

表題番組に、エイチ・アイ・エスグループ代表澤田 秀雄さん、電気自動車メーカーGLM社長小間 裕康さん、求人などに関するSNS運営[マザーズ上場]ウォンテッドリーCEO仲 暁子さん、トーマツベンチャーサポート事業統括本部長斎藤 祐馬さん、作家 真山 仁さんのゲストを迎えての討論となった。

私は、澤田のホテル事業で使っている「ロボット」こそ、日本が今後生き残るのに大切な技術だと感じている。例えば、病院の手術ロボットにしろ、日本は米国のダ・ヴィンチに遅れをとったままになっている。田畑で使うトラクター類の機械も今後ロボット化が進むと思う。

自動車のトヨタは、「AI自動車」「電気自動車」にばかり気をとられているが、「電気磁土言う者」は中国でも、製造されている。すべての車がいきなり「AI自動車」になるわけでもない。日本の、メカ技術を温存させ中国・韓国を蹴散らすためにも、精巧な制御技術とメカ技術をロボとで継承させたい。顧客が電気自動車を選ぶ際、安全技術の確立しない、手放し運転の自動車を選択するのか?→コストの安いだけの(AI搭載しない)電気自動車が選択されるのではないか?→大手自動車メーカーが存立する時代ではなくなる。また、ガソリンを使わなければ、石油業界もつぶれる。基幹産業の自動車が成り立たなければ、 貿易での稼ぎは減る。石油を購入しない分、輸入代金の支払額も減る。経産省は。大手企業を守るために(実際は自分の権益保持のために)、国民を足蹴にして、「安い電気自動医者普及を遅らせ」ようとしている。

これからは、石油でなく電気の時代だ。しかも原子力ではなく、できるかぎり自然エネルギーを使用し、電池も使い(風力、波力、地熱、小規模水力)夜間充電も必死になってやる時代が来る。今の電力自由化も、自由化のふり程度でお茶を濁したい経産省の思惑が見える。本当にやる気なら、米国レベルの、今の日本の電力の半額をめざさなければならなくなる。エネルギーはできるかぎり国内調達して、大商社の出番をなくす(利益のピンハネをなくす)。

電気自動車の電池もカートリッジ式にできるよう技術革新が起これば、充電せずにすでにスタンドで電気充填済みのカートリッジ交換だけで、高速道路を走り抜けることができる。

ただ、杞憂されるのは、「遺伝子改変による作物や人間細胞」の製造だろう。日経新聞によれば、日本は欧米・中国にこの分野で出遅れてるとの記事が出ていたが、自然界にない生物を作り続けるのはきわめて危険。「ヒアリ」の殺人タイプありでも作って放たれればどうなるか?遺伝子改変のコーン利用も、辞めた方が良いと思う(ビール以外の発泡酒・第三のビール原料)。遺伝子改変の野菜や果物・魚を誰が買うのか?辞めた方が良い。

飛行機も船も当初の発明以来、イノベーション無しだ。UFOや港から空も飛べる船を発明する人がそろそろでてきても良いのではないか?

フジテレビ番組 2017年8月17日19:57「奇跡体験!アンビリーバボー『奇跡の霊能力者 ローラ・リン・ジャクソン SP』」→2017年8月24日も2週連続番組

視聴率最下位のフジテレビ。→今回の米国Medium(=霊能力者)は、相手の過去をReading(読み取る能力)がずば抜けている。このような番組を流せばフジテレビ復活?

フジテレビの2週目番組予告には、「2週連続企画の後編は、ローラが緊急来日!日本のテレビ初出演で、スタジオで出演者を生リーディング!MC剛力彩芽の超プライベート情報や、ゲスト、ダレノガレ明美の親友の死の謎についても解き明かす。
また、亡き母とどうしても繋がりたいという女性に、ローラを通じて伝えられた母の言葉とは!? 彼女の語った衝撃の事実に、スタジオも涙! 今夜、奇跡の霊能者が全てを見抜く!」と出ていて、前編では、涙ながらの後編の様子が出てくる。

NHKの「コズミックフロント」や教育番組「サイエンスゼロ」では、宇宙のブラックホールの最新観測・理解状況について解説するが、いまだ、空間のゆがみの底についてもよくわからない。ブラックホールそのものも見れないし、X線でしか確認できない。

そのような現代にあって、「死者の魂」については「まゆつばもの」の科学的視点がある。特にNHKの「幻解!超常ファイルダークサイド・ミステリー」は、UFO円盤や心霊現象もことごとく否定してきた。

フジテレビの番組を見て、あなたはどう判断する?

日経新聞2017年6月5日「法的義務なくても人手不足で拡大 65歳超の雇用手探り」 vs 週間東洋経済2017年7月15日号「特集:新・借金地獄 普通の女性が陥る『暗闇』生きる手段はこれだけ その現実が苦しい」

加計問題で揺れる安倍政権だが、税金使い放題で、膨大な借金に借金を重ねても自分たちの年収増加しか考えない役人(人事院の勧告完全実施で)だらけに対し、4割が更に増える非正規雇用の一般国民。国民がバカだというしかないが、60歳定年以降と、カラダを売る貧困層は、増えこそすれ減ることはない。この状況は、制度の問題が原因。→解決策として、「派遣業法」を1980年代レベル元に戻せば、時間はかかるが、所得は上がる。そして物価上昇率も2%超えになる。

表題前半の日本経済新聞記事には、「働く高齢者は増えている。生産人口年齢(15-64歳)が減る一方、65歳以上の雇用者数(役員除く)は昨年度で約400万人(2007年度が役200万人)。ここ数年は年40万人ペースで増えてきた。(中略)厚労省によると8割が再雇用を選択している。」とある。また今月の月刊雑誌「BOSS」には、「派遣労働者の8%が男性で、のこり92%が女性」という歪んだ労働市場の実態もう浮き彫りになっている。

厚労省は、「ブラック労働市場対策」には多少なりとも力を入れてるが、「60-70歳市場の労働市場や、男女間の歪んだ市場」是正にはあまり力を入れていない。→今週の週刊朝日に、「65歳からのハローワーク」の記事が出ていた。概論としては良いが、一般読者としては、事例も交えて現実どうなのよ、の質問に答えられる雑誌定期出版が望まれる。

表題後半の、週間東洋経済記事には、「」「」

★すいません。一旦書いたんですが、nifty server側がぼろく、書き込めなかったようです。5連休もFaceBook対応に追われ、週末本文に決着予定です。今しばらくその他記事もお待ち下さい。

FaceBook 操作に慣れない私

数年前から、コンサル仲間との連絡で、FBの使用がスタート。しかし、当初「パスワード」「アカウント」など全く、登録した覚えがない。

当初相手への連絡方法もわからず、若い美女からも、連絡が絶えた。

「Messenger」という機能を使うことを最近覚えた。「タイムライン」の意味もわからない。スマホも所持してないので、写真が掲載できない。ガラケー携帯電話のカメラでも掲載できるのか?

「お友達」も、「来る者拒まず」で多数のお友達人数の人もいるが、私は選別して少数精鋭でいいと考えている。大企業の優秀な人(男女ともに)はあまり、候補者に出てこない。フリーランスか、個人事業者、遊び人とも思われるような層の人たちが多い。候補者変更はどうすればいいのか?

相手から「ウェーブ」が来たんですが、これって何?どうすれば良い?

自分の写真も「危ない」ので掲載していない。美女とのつきあいも、最近は同窓会くらいか。NET世界がいかにやばいかは、これまで「出会い系(本当に女が車で自宅前までこっそり来たこともあった)」「カードのネット利用のヤバさをカード会社のバイト先コールセンター」でいやと言うほど目の当たりにした。amazon利用でカード支払いがヤバいことも経験した。

年寄り男性で写真が暗い感じのする方もお断りにしている。趣味の合いそうにない写真の方もお断り。私にしてみれば、写真がなくとも、文字で「タイムライン」掲載の会話ができないのかとも思う。単なる目立ちやがり屋が多い中、まっとうな「お友達」が増えればいいなあ、なんて考えてます。ひとそれぞれの目的があるのでしょうが、FBで愛理会った若い美人女性とデートしてみたいなあ…、→夢ですな。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年10月 »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ