最近のトラックバック

« NHK「仕事のトビラ」 | トップページ | 異常に値段が高い「自動車教習所 教習価格」→規制撤廃しては? »

日テレ:「イッテQ モンブラン登頂後篇」

今日この番組を見た方も多いだろう。あのクレバスや、傾斜角度60度などその険しさを見ただけで、またその標高の高さからくる酸素濃度(地上の60%)を考えたら、素人のイモトが挑戦するにはあまりに無謀とも思えた。

が、結果から言えば「登頂成功」で、下山内容はほとんど省略状態で、メデタシメデタシと相成った。無事戻れたからいいようなものの、体調急変とか、事故ったらどうなっていただろう。

今や国民の大半は、マスコミの調子に乗せられ、民主党の代表選挙に飲みこまれ、今日の厳しい生活(相変わらずの自殺者、失業者、景気の悪さに困ってる中小企業)もすっかり忘れ、今一見生活が回っているように見えても、政府の莫大な借金によって支えられてる世の中の次の動き→国民への請求書、だろう。呑気に憂さ晴らしのような番組に見入っていて、明日はあるのか?今の「円高・株安対応、JALの処理」見るだけで、民主党の何もやらずぼったくりと、追い込まれる日本を想像するのは悲観的すぎか?

« NHK「仕事のトビラ」 | トップページ | 異常に値段が高い「自動車教習所 教習価格」→規制撤廃しては? »

コメント

モンブラン登頂後篇について、放映当日急用のため録画できませんでした。
前編は録画済みです。
私は20年前59歳のとき、このコースで登頂しましたが、出発が午前2時ころ真っ暗な深夜にヘッドランプのみで、前の人の足しか見えず、あの急坂をアイゼン効かせて登り、
気が付いたら朝日が昇って、8時過ぎに無事登頂しました。
途中の景色は夜の闇で全然見えず、おかげで怖さも感じずに登れました。
若しかすると、眠りながら登山していたのかもしれません。

お願いはこの後篇をダビングしていただけないか。もちろん有料で結構です。
自分の足跡を確認したいのです。ご連絡をお待ちします。

世界の果てイッテQ,いもとのモンブラン登頂前編は楽しく拝見、録画しました。
後篇は急用のため外出、見れず録画もできませんでした。
従って、後篇のみダビングしたいので、メールしました。

実は20年前、私は59歳でこのコースを登頂しましたが、当日小屋を、午前2時頃出発、闇夜の中をヘッドランプのみ、前の人の足を見ながら登るだけ、景色も全然見えず気が付いたら、朝日が登って明るくなり、やっとの思いでモンブラン4807mに登頂しました。
途中の景色は全然記憶がなく、明るくなってから頂上までの苦闘を思い出します。
途中は寝ながら歩いたのでしょう。自分の歩いたコースを確認したく、是非後篇をダビングしたいのです。有料で結構です。よろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日テレ:「イッテQ モンブラン登頂後篇」:

« NHK「仕事のトビラ」 | トップページ | 異常に値段が高い「自動車教習所 教習価格」→規制撤廃しては? »

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ